· 

「見えない損失」プレゼンティーイズムについて

プレゼンティーイズムとは

出勤しているのに体調がすぐれず、何とか仕事を続けようとしても生産性が低下してしまうこと。(欠勤を意味するアブセンテーイズムの造語)

症状としては慢性疲労症候群、うつ病、頭痛、花粉症をはじめとしたアレルギー症状や腰痛もあげられます。

 

【一人当たりの労働生産性損失】

市内、従業員157名 健康経営効果測定の調査(H29~)によると

 

・アブセンティーイズム 年平均2.5日で3.6万円

プレゼンティーイズム 年平均16.7%の73万円

 

年間にすると76.6万円と金額換算にすることで見えてくるものがあります。

※横浜市経済局ライフイノベーション推進課資料より

 

中小企業の経営者様とお話しすると「それどころじゃないよ」となります。が、

健康経営は従業員様の健康に投資してリターンを得る経営手法なのです。