健康経営とは

 

従業員の健康維持・増進の取り組みが、将来的な収益性などを高める投資であるとの考えの下、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践すること。

企業が経営理念に基づき、従業員の健康維持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上などの組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へつながることが期待される。

 

(経済産業省資料より抜粋)

※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

 

 

健康経営のメリット

1.体調不良による欠勤や休職、離職のリスクを減らす。

2.労働意欲が高まりパフォーマンス・生産性の向上

3.医療費削減によることの収益が向上する

4.会社のイメージアップ


従業員の健康維持に取り組まない企業は存続できない。そんな時代が来る。

 

「かつては環境問題に投資をしても意味がないと言われていたが、いまや環境影響に配慮しない企業は存続できない。従業員の健康も同様に企業にとって今後取り組みは不可欠となる」

(主催厚生労働省 データヘルス・予防サービス見本市 2016.12.14)

 

 (画像は2017.9.20)

健康経営の企業価値への寄与

  • 心身の不調は生産性を低下させることが明らかになっている
  • 健康経営に対する投資1ドルに対するリターンが3ドルになると調査の結果もある。

従業員の生産性向上や医療費のコスト削減、企業のイメージアップなどにつながっていることが示唆される。